テックブログ

MSP

各種サーバーと脆弱性対応

こんにちは営業部のMKです。

現在サーバーを借りるサービスは大きく分けて
4つのサービスに分かれます。

・共有レンタルサーバー
・VPSサーバー
・専用サーバー
・クラウドサーバー

共有レンタルサーバーはサーバー管理を
サーバー提供事業者が行っているため、
脆弱性対応が不要なのに対して、
VPSサーバー、専用サーバー、クラウドサーバー
はサーバー管理は使用者が行うことが前提のサービスの為、
自社で行う必要があります。

先日公表されたMeltdown,Spectre脆弱性については
大きくニュースに取り上げられたため、
比較的ご存知な方も多いかと思いますが、
ミドルウェアの脆弱性は、情報を収集していないと
知りえずにスルーしてしまうことも多いのではないでしょうか

VPSサーバー、専用サーバー、クラウドサーバーの
サービスでも一部はマネージドサービスとして
サーバー管理が料金内に含まれているサービスも
ある様ですので、自社が使用しているサーバーでは
管理者が必要かどうか、一度確認してみてください。

ネットアシストではサーバー管理者代行サービス

MSPアシストをご提供しております。
自社のサーバーがサーバー管理者が必要か否か
ご不明な場合は、一度ご相談ください。

実績数30,000件!
サーバーやネットワークなど
ITインフラのことならネットアシストへ、
お気軽にご相談ください