テックブログ

技術ネタ

クラウドサーバのスケーリングについて

ttakaraです。こんにちは。

今回はクラウドサーバのスケーリングについての再確認でも。

スケーリングの内、対応の多い スケールアップ/スケールアウト については、頻発する遅延、障害の解消であったり、
そういった問題に備えた可用性、冗長性の確保を目的として、ご相談頂く、提案差し上げるケースが多くなります。

解消したい問題、発生前から備えておきたい問題の内容によりますが、下記情報の収集の上、検討しています。

 

  • 発生している障害の頻度、周期
  • 備えておきたい障害の内容
  • できる限り長期間のサーバリソース使用状況(傾向)
    – 送受信データ量
    – 搭載ディスク、その使用状況
    – 搭載メモリ、その使用状況
    – 搭載CPU、その使用状況
  • スケーリング対象サーバのメイン提供サービス
    – Web/DB 等のミドルウェア設定
    – OS設定
  • 複数サーバ間の連携状況
    – 外部ストレージやデータベースの利用状況
  • 各種クラウドベンダー毎の制約
  • 定時処理の所要時間の傾向
  • サービス、サーバ停止の影響

etc…

事前に確認したい情報を挙げだすと、なかなか止まりません。
スケジュールやコスト、最優先目的等から、ある程度の項目のみを重視して調査、進行したとしても、対応には時間がかかります。

一般的なサーバリソースモニタリングだけでなく、様々な面から改善案を見つけ、より迅速、丁寧な対応ができるよう精進します。

ではまた。

実績数30,000件!
サーバーやネットワークなど
ITインフラのことならネットアシストへ、
お気軽にご相談ください