テックブログ

コラム

「F7」「F8」「F9」「F10」について

こんにちは、ytakamuraです。

だんだん暖かくなり春らしくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は毎年恒例の花粉で苦しんでいます。花粉さえなければ過ごしやすい季節なのですが・・・

花粉の愚痴を書いていると止まらなくなってしまうので今回の本題、
タイトルに記載した4種類のファンクションキーについて書いていこうと思います。

ファンクションキー、キーボードの一番上に並んでいる
「F1」から「F12」のキーのことですが、皆さん使っているでしょうか。
私はあまりファンクションキーを使っていなかったのですが、
「F10」の機能を知った時に衝撃を受けました。
なんて便利な機能なのかと、なぜ今まで知らなかったのかと。
知っている人には何をいまさらという話でしょうが、
知らない人にはぜひ知って欲しいと思うので紹介します。
※ちなみに書いている通りメインで紹介したいの「F10」なので他はおまけです。

ではまず「F7」から
こちらは入力した文字をカタカナに変換するキーになります。
下記のようにキーを押すたびにカタカナへ変換される範囲が変わります。
正直私は「無変換」でカタカナに変換しているのでほとんど使わないです。

てすと → テスト → テスと → テすと → テスト

次は「F8」
こちらは入力した文字を半角カタカナに変換するキーになります。
挙動は「F7」と同じでキーを押すたびに変換される範囲が変わります。
半角のカタカナをそもそも使う機会が少ないのと、
「無変換」でも変換できるのでこちらもほとんど使わないです。

てすと → テスト → テスと → テすと → テスト

3つ目は「F9」
こちらは入力した文字を全角アルファベットに変換するキーになります。
挙動は今までと変わり、範囲ではなくキーを押すたびに小文字から大文字、
先頭だけ小文字というように変換してくれます。
全角のアルファベットを使う機会がほとんどないので使わないです。

てすと → tesuto → TESUTO → Tesuto → tesuto

最後「F10」
今回の目玉ですね。
こちらは入力した文字を半角アルファベットに変換するキーになります。
挙動は「F9」と同じで、キーを押すたびに小文字から大文字、
先頭だけ小文字というように変換してくれます。

テスト → tesuto → TESUTO → Tesuto → tesuto

これを知るまで何度yahooをやほおと入力したり、youtubeをようつべと入力したことか。
検索なら上記でもちゃんと出てくれるのですが、
困ったのはIDやメールアドレスを入力するときですね。
何らかのログイン画面でIDを入力し、半角になっていないことに気付いて消す。
入力モードを半角に直して入力しなおす、その後半角に変えたの忘れて入力してイラつきながら
入力モードを全角に変える。これを何度繰り返したことか。

今では半角アルファベットが欲しいときは「F10」を使うので、基本半角モードにすることはなくなり、
上記イライラとおさらばしました。
もし「F10」を知らず、同じイライラを感じている方がいましたら是非使ってみてください。
本当に便利です。

では半分タイトル詐欺のほとんど「F10」紹介の記事でしたが、そろそろ終わろうと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。
下におまけでもう1個だけファンクションキーを紹介します。

おまけの「F6」
入力した文字をひらがなに変換してくれます。
挙動は「F7」等と同じでキーを押すたびに範囲が変わります。
「F7」等で間違って変換した際に戻すようかなと思いますが、
そもそもの「F7」をほとんど使わないので、使ったことがありません。

テスト → てすと → テすと → テスと → てすと

それではまた。

実績数30,000件!
サーバーやネットワークなど
ITインフラのことならネットアシストへ、
お気軽にご相談ください