テックブログ

技術ネタ

CentOS 8 から RockyLinux 8 へ

こんにちは、takaraです。

RockyLinux も GA リリースされましたので、今回は CentOS 8 から RockyLinunx へのコンバートと、個人的に気を付けているところを紹介します。

CentOS 8 からのコンバート先はいくつかありますが、移行スクリプト等でどこまでまとめられているかは変わっても、基本は下記の流れとなります。

 1) CentOS 8 の最新版までのアップデート
 2) OS標準リポジトリの切換え
 3) 導入パッケージの入替え
 4) サーバ再起動

導入パッケージを入替えても、設定ファイル等はそのまま維持されるものが多いですが、配置されるファイルの所有者やパーミッション等に注意が必要です。

テストマシンを用いて、実際に確認します。

■テストマシン概要

[CentOS 8.4]
 Apache 2.4.37 (appstream)
 PHP 7.2.24 (appstream)
 MySQL 8.0.21 (appstream)

■観測ディレクトリ (一部 所有者 変更済)

[Apache] /var/www/html
[PHP] /var/lib/php/session
[MySQL] /var/lib/mysql

コンバート実行

RockyLinux のマイグレートドキュメントに従い、対応を進めます。
まずは、CentOS 8 を最新状態にアップデートします。
# dnf update -y
続いて、GitHubで公開されている RockyLinux へのコンバート用スクリプトを取得。
# curl -O https://raw.githubusercontent.com/rocky-linux/rocky-tools/main/migrate2rocky/migrate2rocky.sh
次に、スクリプトに実行権を付与し、RockyLinux へのコンバート実行オプション “-r” を指定して実行。
# chmod +x migrate2rocky.sh
# ./migrate2rocky.sh -r
RockyLinuxのコンバート用スクリプトで、OS標準リポジトリの切換えから、導入パッケージ入替まで対応されます。

(テストマシンでは、スクリプトの実行から完了まで10分程かかりました)

パッケージの入替のタイミングで、Apache や php-fpm、MySQLは再起動されますが、Linuxカーネルの入替も発生しているため、OSリブートが案内されます。
また、この時点での確認で、ディレクトリの所有者が
パッケージデフォルトに変わっていることも確認できます。
Apacheの実行ユーザを変えていたり、各パッケージ導入時に生成されるディレクトリの所有者を変えている場合、ここで全体的な見直しが必要になります。

その後、サーバを再起動し、RockyLinuxへのコンバートが完了となります。
# reboot

まとめ

RockyLinux だけではなく、AlmaLinux や CentOS Stream へも、提供されているスクリプトやパッケージ管理コマンド等を利用して、簡単にコンバートすることができますが、ディレクトリやファイルのパーミッションに加え、導入しているライセンス製品のサポート状況も、確認を取る必要があります。

CentOS 8 のサポートが終了する 2021年12月末 まで、半年を切っています。


リプレイスでも、コンバートでも、バックアップやリストア等、入念な準備が必要になる環境も多いので、早めのご検討を。

それではまた。

実績数30,000件!
サーバーやネットワークなど
ITインフラのことならネットアシストへ、
お気軽にご相談ください