テックブログ

技術ネタ

TeraTermのショートカットキー

こんにちは、技術部のhです。

最近暑くなってきましたね。私はつい先日半袖デビューしました!
今くらいの気温が過ごしやすくて好きです。夏は嫌いなので来ないでほしいです(笑)

さておき、今回は私たちの仕事でなくてはならないSSHクライアント、
Tera Termの基本的なショートカットキーをご紹介します。

それではさっそく1つ目です!
コマンドを打つ時、うろ覚えのコマンドや、
長いファイル名を入力する時に使えるのが「Tabキー」です。
途中まで入力し「Tabキー」を押すと、その後を補完してくれます。

[root@test ~]#ll /v

 ↓「Tabキー」を押すと…

 [root@test ~]#ll /var/

また、下記の状態で「Tabキー」を押すとこのようになります。

[root@test ~]#ll /var/l
 lib/   local/ lock/  log/

他にも候補がある時は、その候補を全て表示してくれます。

2つ目は「矢印ボタン(↑↓)」です。
「↑」を押していくと、1つ前に入力したコマンドが表示されます。

上記は1回「矢印(↑)」を押した状態です。押し続けていくと遡っていきます。
historyを見なくても「矢印(↑↓)」を使えばすぐに見ることができます。

3つ目は「ctrl + C」です。
実行中の処理をキャンセルすることができます。
これはtopコマンドやログを見るとき等色々な場面で使います。

最後に、画面がごちゃごちゃしてきて見にくいなと思った時、
「ctrl + L」で画面をリセットすることができます。
「clear」と入力しても同じ挙動になります。

下記のように、画面が見にくくなってきたなと思った時

この状態で「ctrl +L 」を押すと…

画面が綺麗になりました!!
これで見やすくなり、作業がやりやすくなりました!!

まだ便利なショートカットキーがあるので、
次回にでもまたブログに書きたいと思います。

それでは、今回はこの辺で失礼します。

実績数30,000件!
サーバーやネットワークなど
ITインフラのことならネットアシストへ、
お気軽にご相談ください