サービス紹介

HOME > サービス紹介:セキュリティサービス > ids > DeepSecurity

Deep Security® IT Protection Service
オールインワンセキュリティ

サーバを取り巻く脅威として、サーバへの「調査(侵入)」、「攻撃」、「情報収集」といったステップを踏んだサイバー攻撃が行われており、狙われるポイントはそれぞれ「サーバの脆弱性」「アカウント権限の奪取」「機密情報の送信」です。ですが、この全てを対策しようとすると、「脆弱性アップデートを頻繁に実施」「パスワードの定期変更、セキュリティポリシーの適切な設定」「不正サイトへのアクセス制御の仕組み構築」など、サーバ管理者からみれば多大な負荷とコストがかかり、セキュリティ対策の導入が難しくなっております。

低コストでスピーディに導入、月額課金のSaaS形式サービス

こういった、サーバを取り巻く脅威と課題を、低コストでスピーディーに解決する事ができるのが「Deep Security IT Protection Service」です。Deep Security IT Protection Serviceは、月額課金のSaaS形式のサービスで、ウィルス対策、改ざん検知、仮想パッチ(IPS)、WAF、ログ管理など様々なセキュリティ対策をこれ一つで利用する事が可能です。

※Deep Security IT Protection Service とは、トレンドマイクロ株式会社のパートナーである株式会社CECが独自に管理サーバを構築し、運用販売を実施しているセキュリティサービスです。ネットアシストは、株式会社CECの販売代理店として、Deep Security IT Protection Serviceを提供しております。

導入イメージ
導入メリット

セキュリティ対策コストの
軽減
一般的にセキュリティツールは高いものと言われており、専用アプライアンス機器やシステムを導入すると導入コストが数百万かかることもあります。
月額課金のSaaS型サービスで、必要な期間必要サーバだけ導入可能です。

スピーディーな
導入運用
導入にあたっては、エージェントソフトウェアをインストールするのみ。導入確認や、面倒なインストール作業はネットアシストにて実施します。
最短5営業日から導入可能。細かいポリシーの設定等は必要ありません。

セキュリティ対策を
オールインワンで利用可能
ウィルス対策や改ざん検知、IPSやWAF/ログ監視など、サーバにおけるセキュリティ対策が、このツール一つで利用する事が可能です。

サービス機能詳細
機能 詳細内容
セキュリティルール配信 1日1回、エージェントによるサーバの脆弱性検査を行い、その結果から「侵入防御」「変更監視」「セキュリティログ監視」に関するルールを配信。
侵入防御 「IPS」「Webアプリケーションの保護」「アプリケーション制御」が標準で自動適用。
変更監視 ファイルやレジストリに関しての変更を定期的に確認し検知する。
セキュリティログ監視 OSやアプリケーションのログからセキュリティインシデントと思われるログを検知する。
ファイアウォール サーバと外部との通信をエージェントにより制限する事が可能。侵入防御より前で動作しパケットに対して遮断等の処理を実施。
ウィルス対策 「不正プログラム対策」及び「Webレピュテーション」を利用し、エージェントによるウィルススキャンを実施。
月次レポート 月に一度、セキュリティインシデントに関する各種情報を自動生成し、お客様へ自動送付を実施。
サポート ネットアシストにてエージェントの稼働監視は24/365で実施。マネージャーサーバ側のメンテナンス情報等も事前通知。お客様からのお問合せも24/365で受付。
サービス料金
サービス名 1ライセンスにつき
初期費用 11,000円
月額費用 27,500円
ネットアシストオリジナルオプション
初期費用 月額費用
標準サポート/月 11,000円
動作要件調査/台 33,000円~
導入代行費用(標準サポート無) 55,000円
導入代行費用(標準サポート有) 33,000円
  • 導入代行は動作要件を満たしている事をご確認頂く必要が御座います。
標準サポートプラン 対応内容
  • ポリシー調整 (顧客指定内容 ※チューニングは含まず)
  • 指定ルールの動作モード調整
  • エージェントのパラメータ調整
  • SSL証明書設定・更新(SSL暗号化通信チェック用のもの)
  • エージェントのアップデート対応
  • チューニングは含まれません
  • MSPの保守には関係なく有料
更なる対策に DeepSecurity + α

セキュリティの対策を積み上げることで、リスクを「0」に近づけることが出来ます。

ミドルウェアの脆弱性から守る

IPS/IDS
IPS/IDS(不正侵入検知・防御)はミドルウェアの脆弱性を検知、防御します。

改ざんを検知する、改ざんから復旧させる

改ざん検知
監視対象に対しての、変更状況を確認します。一部のサービスでは、自動復旧サービス有。

失ったデータを補完する

バックアップ
過去データを保存することにより、データ消失のリスクを低減させる事ができます。
ネットアシストの導入実績
  • STAGE
  • KINOTROPE
  • 学校法人文化学園
  • イケベ楽器
  • 眼鏡市場
  • メガネトップ
  • VITALIFY
  • VISUAL WORKS
  • Ambition
  • ANNIVERSAIRE
  • STAGE GROUP
  • ICR
  • ナレッジスウィート株式会社
  • GEO CODE
  • 佐川印刷株式会社
  • 日本商工会議所
  • INFOBAHN

page top

サービスのお問い合わせはこちら
0120-941-670 【電話対応時間】平日/10:00~19:00
メールによるお問い合わせ

page top

お気軽にご相談ください

0120-941-670 【電話対応時間】平日/10:00~19:00
メールによるお問い合わせ

NETASSIST INFRASTRUCTURE SERVICE COMPANY

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-5 池袋サザンプレイス 7F

7F,Ikebukuro-Southern-Place.3-13-5,Minamiikebukuro Toshima-ku,Tokyo 171-0022 JAPAN