サービス紹介

HOME > サービス紹介:セキュリティサービス > セキュリティツール(オープンソース)

セキュリティツール(オープンソース)
最低限のセキュリティ対策の実施が可能です。
日々増え続けるサイバー攻撃

ある観測データによれば、サイバー攻撃関連の通信量(パケット)は2009年からの10年間でに20倍以上になっているとの報告があります。
これはサイバー攻撃の規模、脅威が10年前と比べて約20倍になっているという事を意味しています。

知らないうちに"被害者"から"加害者"に

サイバー攻撃を受けることにより、個人情報の流出やフィッシング詐欺の踏み台にされる等、期せずして加害者として犯罪に関与してしまうこともあります。本来はサイバー攻撃の被害者であるにも関わらず、信用の失墜、株価の暴落、損害賠償請求、取引の停止等、多大な損害を被ることになります。

サイバー攻撃の主な被害例
WEBページの改ざん
不正ログイン
踏み台利用
情報漏洩
サービスの停止、廃止
MSPのセキュリティツール

サーバの管理者をアウトソースしなければならないが、まだサービスを立ち上げたばかりで、セキュリティに回せる予算がない。
そのようなご相談を頂くこともございます。
確かにサーバの監視・保守であるMSPでは攻撃を防御、検知する事は出来ません。
しかしながら、MSPのオプションサービスにてオープンソース(無償)のセキュリティツールを導入する事で、いくつかのセキュリティアラートや攻撃防御を実施する事が可能です。

MSPを導入する事でできるセキュリティ対策

1. 不正アクセス制限

Fail2ban SSH通信をログの解析により悪意のある攻撃を検知し,IPアドレスに基づいて一定時間アクセス制限をおこなうことが可能です。

2. ルートキット検出ツール

Rootkithunter ルートキットとはサーバー等への不正アクセス後に、データ、情報等を隠蔽することにより、ユーザに察知させることなく、再侵入をし易くするためのツールの事です。
Rootkithunterは不正に設置されたツールの検出や、元のファイル改ざんを検出することが出来ます。

特徴及び料金

特徴

  • ・弊社で構築したサーバーには無料で導入いたします
  • ・月額は不要!全てオープンソースのソフトウェアで対応
  • ・低価格で高品質なセキュリティが維持できます
  • ・更新頻度が高いオープンソースのツール

料金

導入代行費用:各10,000円(税別)

「MSPアシスト」のご利用が条件となります。

更なる対策に WAF + α

セキュリティの対策を積み上げることで、リスクを「0」に近づけることが出来ます。

ミドルウェアの脆弱性から守る

IPS/IDS
IPS/IDS(不正侵入検知・防御)はミドルウェアの脆弱性を検知、防御します。

改ざんを検知する、改ざんから復旧させる

改ざん検知
監視対象に対しての、変更状況を確認します。一部のサービスでは、自動復旧サービス有。

失ったデータを補完する

バックアップ
過去データを保存することにより、データ消失のリスクを低減させる事ができます。
ネットアシストの導入実績
  • STAGE
  • KINOTROPE
  • 学校法人文化学園
  • イケベ楽器
  • 眼鏡市場
  • メガネトップ
  • VITALIFY
  • VISUAL WORKS
  • Ambition
  • ANNIVERSAIRE
  • STAGE GROUP
  • ICR
  • ナレッジスウィート株式会社
  • GEO CODE
  • 佐川印刷株式会社
  • 日本商工会議所
  • INFOBAHN

page top

サービスのお問い合わせはこちら
0120-941-670 【電話対応時間】平日/10:00~19:00
メールによるお問い合わせ

page top

お気軽にご相談ください

0120-941-670 【電話対応時間】平日/10:00~19:00
メールによるお問い合わせ

NETASSIST INFRASTRUCTURE SERVICE COMPANY

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-5 池袋サザンプレイス 7F

7F,Ikebukuro-Southern-Place.3-13-5,Minamiikebukuro Toshima-ku,Tokyo 171-0022 JAPAN