ネットアシストは、お客様のセキュリティリスクから身を守る対策サービスをご提案いたします。

0120-941-670

【電話対応時間】平日/10:00~19:00

サービス紹介

HOME > サービス紹介:Web改ざん検知サービス > WebARGUS

WebARGUS

改ざん検知は改ざんを防ぐ為のセキュリティではなく、改ざんされたことにいち早く気付く為のセキュリティーです。 WebARGUSは既存の改ざん検知サービスとは異なり、攻撃は防ぎきれない場合がある事を前提に、防御が突破されWebが改ざんされたとしても、改ざんを検知して、一瞬で元の状態に戻すことで実害を無くすことをコンセプトとしたセキュリティ製品です。

特 徴 Characteristic
  • 改ざんを0.1秒以内の瞬間検知、自動復旧
  • サーバー内設定ファイル、実行モジュールへの改ざんにも対応
  • 防御ができない手口(内部からの犯行)でも検知、復旧
  • イベントが発生するまでは待機状態となる為、普段のCPU負荷は1%未満の低負荷
料 金 Price
初期費用 月額費用
50,000円 30,000円

※価格は全て税抜です。
※初期費用にはエージェント導入、監視初期設定作業を含みます。

ソリューション概要 Solution
ソリューション概要

ウェブサーバーにインストールする監視ソフトウェア(Agent)と
管理ソフトウェア(Manager)の2システム構成で機能を提供します。

動作環境 Operating environment
稼働要件 権限 ウェブサーバー、管理サーバー共に、 root(administrator)権限が必要となります。(共用サーバー等root権限が無い環境ではご利用いただけません)
IPアドレス ウェブサーバー、管理サーバー共に、固定IPアドレスが必要となります。(プライベートIP推奨)
JAVA Java Runtime Environment(JRE) 1.7.0_25 以降
  • 既存のウェブサービスにてver1.6等をご利用の場合でも、当ソフトウェアの稼働用にver1.7をインストールしていただく必要がございます。(当ソフトウェアのみがver1.7を使用するように設定することも可能です。)
CPU Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 0 @ 2.00GHz(1core)相当以上
MEM WA-Agnet:空き256MB以上推奨
  • 自動復旧モードにて使用する場合、復旧対象データサイズによっては、推奨以上に空きメモリが必要になる場合がございます。
HDD WA-Agent:20MB以上(インストール時に必要な空き容量として)
対応OS 以下のOSに対応しています。(クラウド環境可)
WebARGUS-Agent(64bit) For Linux Red Hat Enterprise Linux 7.x, 6.x, CentOS 7.x, 6.x, Amazon Linux 2013.09.x以降
SUSE Linux Enterprise Server 12, 11 Ubuntu Server 14.x, 13.x, 12.x Debian 7.x
技術仕様 ライセンスファイル 電子証明書:X.509 Version 3(RSA:2048bit)(SHA2:256bit)
電子署名 署名アルゴリズム:SHA256(256bit) with RSA(2048bit)
署名フォーマット:CMS(Cryptographic Message Syntax)(signed-data format)
サポートブラウザ Microsoft Internet Explorer:11.x 以降 Google Chrome:35.x 以降 Mozilla Firefox:30.x 以降
サービスのお問い合わせはこちら
0120-941-670 【電話対応時間】平日/10:00~19:00
メールによるお問い合わせ

page top

お気軽にご相談ください

0120-941-670 【電話対応時間】平日/10:00~19:00
メールによるお問い合わせ

NETASSIST INFRASTRUCTURE SERVICE COMPANY

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-14-11 中町ビル6F