会社設立を振り返って 激動の90年代 インターネットの出会い
大学を卒業し、商社に新卒入社し、その商社でインターネットに出会いました。1990年頃の事です。
インターネットに出会う事が無ければ、独立したい、という想いが芽生える事は無かったと思います。インターネットを利用すれば個人が想像を絶するパワーを持てる。企業と対等に渡り合える。という可能性を感じ、のめり込みました。商社を飛び出し、プロバイダにアルバイトとして就職しました。ネット関係の職を探すステップで、現在弊社が所属しているSO-TENグループにアルバイトとして採用して頂きました。
SO-TENグループでは、自由に幅を利かせて仕事をさせて頂きまして、そこで正社員になり、部長になり、最終的に「分社、独立してみないか?」と当時の社長に言われて独立させて頂く事となりました。
生まれ変わる努力は怠らない
振り返ってみると、順調なステップを踏んで来たと思います。
当時は相当に自信家で、周囲の人を認める事ができず、一緒に働いて頂いていた人達には多大なご迷惑をおかけしていたんだという事は、独立し社長になって3年程度経過して初めて理解出来るようになりました。それまでの自分は自分の目線でしか物事を考える事ができない人間であったと思います。社長になり、経験を積む事で、多少は自分の立場、人の立場等を考える事ができるようになったのではないか、人として成長できているのではないかと思いますが、現在でも修行の最中。至らぬ所ばかり、まだまだ成長が足りない。と感じ、日々成長をしようと行動しています。
今回の募集で、若い人達と出会い、共に成長できるような、切磋琢磨出来るような結果となる事を願っています。

会社のビジョン 常に攻撃態勢、真価を問い続けたい
新しいサービスを世に出して、真価を問い続けたい。我々のサービスを利用したら感動した。と言って頂きたい。というのが我々のビジョンです。
このビジョンを目指す事で、会社と従業員との成長を一致させ、共に成長したい。
ネットワーク社会を明るく発展させたい。という願いと共に、新しいモノを作る、サービスを作り続ける企業を目指しています。
事業内容の市場状況 進化し続ける企業でありたい
成長市場であり、競争激化市場であります。別にこの市場が特別な訳ではなく、普通の事です。成長市場には多くの競争相手が居る。あたりまえの市場です。市場として良いのは、成長市場である事。衰退市場では新しいチャレンジは生まれにくく、勢いも自然と減少していきますが、成長市場ですので競争は激しいですが、活気ある場所です。活気ある状況で新しいチャレンジが出来る市場。逆に言うと、新しいチャレンジをしない企業は淘汰されるでしょうね。厳しい事も又、確かです。 生き残りと成長をかけて、新サービスを生み出します。常に新しい技術にキャッチアップし、常に新しいサービスを創りだしていける先進企業を目指します。

採用者に向けての言葉 前に進む限り、何度でも生まれ変わる姿勢
自分の成長が仕事を通じての最大の喜びだと思っています。
仕事をする事で、仲間やお客様、仕入れ業者さん、色々な人と出会う事になります。人が成長する一番の方法は、人と出会う事です。ただ、出逢えば良いというものではなく、一緒に仕事をし、時にはトラブルもあり、時には大きな成功を共に喜び、時にはミスをし、理不尽だと思う事にも立ち向かい、そんな中から人としての成長があるのだと思います。 成長したら、何が良いのか?
成長したら、視野が広がり、考える事が出来る幅が増え、生き方の厚みが増えると思うのです。
一度の人生です。成長し、視野を広げ、様々な人と出会い、苦楽を共にしてゆく事が結果として人生そのものを楽しむ事に繋がると思っています。
つまり、仕事を通じて得られるものとは、人生の楽しみ。という事ができると思います。
今、我々は新しい事をしようとしています。
新しい事務所への移転、新しい仲間の採用新しいサービスの創造、新しい技術の研究、様々なチャレンジをしていきます。
そんな環境の中で、共に新しい事へのチャレンジを楽しんで頂ける方に是非仲間になって取り組んで頂きたいと思っています。
転職を前向きに、チャレンジの始まりと捉えて活動している方、一度弊社に遊びに来て下さい。

TOP